福井県支部の活動

青少年赤十字とは

青少年赤十字の目的

youth

青少年赤十字は、青少年が人道・博愛の赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、3つの実践目標、3つの態度目標を基に、青少年自身が日常生活の中での実践活動を通じて、望ましい人格と精神を形成することを目的としています。

3つの実践目標  −心豊かな人間性を育む具体的活動−

健康・安全 生命と健康を大切にする。
奉仕 人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する。
国際理解・親善 広く世界の青少年を知り、仲良く助け合う精神を養う。

3つの態度目標  −生きる力を育む重要な指導理念−

「気づき、考え、実行する」

この3つの態度目標は、学習指導要領の基本方針である「自ら学び、自ら考える力の育成」と目指すものは同じです。

活動紹介

青少年赤十字福井県指導者協議会総会・全体研究会の開催

総会の様子
総会の様子
総会の様子

県下の加盟各校から指導者が参加し、新年度の活動方針・役員について協議するとともに、講演や活動推進校の実践発表を行います。

青少年赤十字トレーニング・センター

トレーニング・センターの様子
トレーニングセンターの様子
トレーニング・センターの様子

夏休み、小・中・高校生を対象に、小中学生は1泊2日、高校生は2泊3日の日程で、開催しています。初対面の仲間と集団生活を共にしていく中で、青少年赤十字について学び、活動します。

高校生協議会総会、国際交流の集い、リーダー研修会

国際交流の集いの様子
国際交流の集いの様子
国際交流の集いの様子

高校生は高校生協議会を組織し,自主的に行事を企画・運営しています。 国際交流の集いは、県内の外国人留学生や学校のALTを招待し、食や文化の交流、日本文化の体験を行い、それぞれの国についての理解を深めています。 リーダー研修会では、青少年赤十字のリーダーとして求められる意欲、知識、技能を修得します。

指導者の育成

指導者の育成
指導者の育成
指導者の育成

学校における青少年赤十字指導者の育成を目的に、年3回担当者研修会を開催しています。また、本社主催の講習会にも指導者を派遣しています。

活動推進校の指定

福井県支部では、毎年度毎に青少年赤十字活動推進校として小学校、中学校各2校、高校は隔年度1校を指定し、青少年赤十字の活動に取り組んでいただいています。指定期間は2年間(高校は3年間)です。

広報紙の発行

青少年赤十字の普及・啓発、活動推進を図るため、ポスターや事例集など1年間の活動を紹介する「広報ふくい」を年2回発行しています。

青少年赤十字に加盟するには

青少年赤十字には、学校全体、学年、クラス、生徒会、委員会、クラブなどの単位で加盟することができます。登録費用は一切かかりませんが、毎年「青少年赤十字登録申込票」を提出する必要があります。

青少年赤十字登録申込票(Exel)ダウンロード

各種講習会への指導員の派遣

学校での児童生徒、教職員、保護者を対象にして、心肺蘇生、AEDを用いた救急法、水上安全法や健康生活支援講習会等へ指導員を派遣しています。また、赤十字が発行している広報紙や資料、資材を提供しています。

講習会指導員派遣申込書ダウンロード